事業案内

新着情報

うなぎ処山美世様の化粧箱

今回、うなぎ処山美世(やまみせ)化粧箱をご紹介させて頂きます。

 

yamamise2.jpg

 

 

こちらの化粧箱のデザインは当社でさせて頂きました。

『うなぎ処』の文字は当社の社員ですが書道の師範でもある 

翆葉(すいよう)先生こと 加本智昭 が書かせて頂きました_(._.)_

 

yamamise1.jpg

うなぎの ”う” と 処の ”几” がうなぎの形になっています。

翆葉先生のこだわりが感じられますね。(*^_^*)

 

 

この文字に山美世様のロゴマークと家紋をあしらえ

印刷デザインを作成させて頂きました。

 

 

 

ちなみにこちらは当社の社員の心がけとして事務所内に掲示している

翆葉先生の作品になります(^v^)

↓↓ ↓↓

suguyaru.jpg suiyou.jpg

                                           ↑ 翆葉の印

 

 

 

うなぎ処山美世様のご要望により、

こちらの化粧箱は1つの箱で使用に合わせて13段階の箱にすることが出来ます(o)

 

 

 

 

↓↓ 1 ↓↓

1dan.jpg

 

↓↓ 2 ↓↓

2dan.jpgのサムネール画像

 

 

 

↓↓ 3 ↓↓

3dan.jpg

 

 

 

今回、化粧箱の御依頼を頂きました うなぎ処 山美世様のお店のご紹介をさせていただきます。

 

 

山美世様は美味しいと評判のうなぎ屋で、島根県松江市八束町(大根島)に大正3年より地元のみならず、県外のお客様に95年も長きにわたって愛される老舗です。

yamamise.gaikan.jpgyamamise_unagi.jpgのサムネール画像    

 

  

そんな「山美世」様のうなぎの美味しい秘密は、

 

①国産活鰻を仕入、大根島(松江市八束町)の井戸水に数日間放ってからさばく。

 大根島はかつて大山の噴火の際に現れた島です。

  

②さばいた鰻は、すぐに素焼き(一般には白焼)にします。

 鮮度の良い鰻は火にかけることで一気に縮み、より締まった肉厚の素焼きとなります。

 

③長年に亘り(創業95年)、改良に改良を重ねた秘伝のタレが素材の味を引き立てています。

 素材にこだわり、鰻を知り尽くしたお店だから美味しい「鰻料理」ができるのです。

 

 

山美世様についての詳しい情報はコチラ

↓↓↓

logo-yamamise.jpgのサムネール画像

 

このページの先頭に戻る

Powered by Movable Type Pro