事業案内

新着情報

書道用紙に!障子紙に!使い方自由自在!巨大和紙のご案内

 

     

 

今日は紙をご紹介します。

製紙業を営む当社のお得意先様より、製造過程で正規の商品として出すことができない紙を購入させていただいております。本来であれば、書道用紙として流通するはずのものですが、僅かな汚れ・シワのあるものはB級品となり陽の目を見ないのだとか...。

そこで当社は考えました!!

写真を見ていただくとおわかりになられるかと思いますが、相当大きな紙です。大人一人がすっぽり隠れてしまっています。

書1.JPG

1、400mm×1、500という大きさです。

当社のK氏は書道用として使用すべく、半切サイズに裁断して使用しています。

書2.JPG

(1、400×1、500サイズから半切が4枚とれます。)

 

(以下、玄宗中濃墨液を使用し羊毛の長鋒で書いた際の感想です)

「非常にしっかりしていて破れにくく、まるで障子紙のようです。ですが、もともと書道用紙として製造されているため、特別違和感があるわけではありません。

墨をしっかりと吸いますが、にじんだりしないのが特徴かと思います。運筆は遅い方が良いかと思います。ですので、一字一字を置いていく楷書を書くときなどはいいかもしれません。逆に運筆を早めると筆が紙の上を滑ってしまいそうな感じで良さは出ないかもしれません」(個人により感じ方の違いがある場合があります)

書3.JPG

(墨をしっかり吸いますが、にじみにくいです。)

 

これだけ大きな紙ですので、使用用途は様々かと思います。

今回は半切サイズに切って使用していますが、このままのサイズで一字書に活用するも良し、障子紙として使用するも良し。考え一つで様々な挑戦ができます。

今回、この紙を1キロ600円(税抜き)で販売致します。

紙の重さにバラつきがあり、正確な数を提示できませんが、12枚前後となります。

限りある資源を皆さまも有効活用してみませんか?

 

 

↓ ご注文・お問合せはコチラ ↓

 logo.gif

このページの先頭に戻る

Powered by Movable Type Pro