事業案内

新着情報

小ロットの部品トレーに"紙製発泡緩衝材"を使用

 

”紙で出来た環境配慮型緩衝材” を部品トレーとして使用して頂きました事例をご紹介します。

  DCIM0325.JPG

 

部品を梱包して出荷するトレーといえばPP(ポリプロピレン)やPET(ポリエチレンテフタレート)、PS(ポリスチレン)等の樹脂性のトレーがよく使われています。

※弊社も樹脂製のトレーの取り扱いも行っております

 

  

しかし今回は少ロット(少量の数)で製造可能な”紙製発泡緩衝材” を使用した部品トレーをご紹介します。

 

DCIM0326.JPG

  DCIM0327.JPG

樹脂製トレーは大量生産する場合はコストも安くでき、良い製品ですが少量の場合は

・少量生産ができない (少量だとコストが合わない) 

・金型が非常に高価  

 等の問題があります。

 

 ”紙製発泡緩衝材”製のトレーの場合

・弊社カッティングマシン(サンプルカッター)で加工が可能なので1ケから製造可能

・試作も1ケから可能なので実際に入れてみて検証ができる。

・量産時は木型を作成しトムソンによる型抜きが可能50~200くらいの数量に最適)

 

”紙製発泡緩衝材”は紙製の緩衝材なので可燃ごみで処分ができます。

ハガキの廃材を使用しているので環境に良く、廃棄も簡単です。

”紙製発泡緩衝材”について詳しくはコチラ

 

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

①しまね和牛の化粧箱

 

②アイスクリームの化粧箱 

 

③梨保冷ケース 

 

④"紙製発泡緩衝材について 

 

 お問合わせはコチラ

logo.gif

 

 

 

 

 

このページの先頭に戻る

Powered by Movable Type Pro